Untitled 11個の気体分子速さvm/gで器壁の点

Untitled 11個の気体分子速さvm/gで器壁の点。4πr^3。下の問題の(3)の答え一個手前の分数の分母、 3かけている理由教えて欲い (写真教えてほい箇所書いて) 半径rの球形の中空容器の中、質量m(kg)の分子N個なる気体入れる 気体分子器壁弾性衝突する (1)1個の気体分子速さv(m/g)で器壁の点P、点Pの中心O結ぶ線(法線)Θの角なて衝突た (α)衝突よる気体分子の運動量の変化の向き大きさ求めよ (b)気体分子壁衝突する回数求めよ (2)全気体分子器壁与える力の大きさ求めよ (3)容器内の気体の圧力p(Pα)容器の体積V(m^3) てr用いず求めよ Untitled。衝突直後の速度平均および速度分布 衝突連続体として取り扱う
ことが可能であるが。壁面での境界条件に「滑べり」と呼ば突する気体分子の
挙動を数値的に再現し。表面から }_射してくる気体分子の速度分させてピーム
状にした。いわゆる「分子線 を試験表面に照射し。散乱する気体分は-
近似の場合の母子的な計算からエネルギ適応係数についてのモデルを導
例え らは 表面に吸着した 巴分子が 次元的に集まって筏状にな

気体分子の運動。容器に入れられた気体の圧力は。個々の気体分子の運動によって引き起こされる
ものです。無数の分子の微視的な分子の振る舞いから。巨視的な気体の圧力を
導き出すとき。下記のように単純化されたモデルを考えます。 理想気体と
立方体容器の1つの壁への衝突を考える 辺の長さ 軸方向の分子の衝突前
の運動量は で。衝突後の運動量は – ですから。衝突の際に分子が受け
た力積は。壁への圧力を [] としますと。圧力は力を面積で割ったもの
ですから。3。子間の衝突を露に考えないで,器壁での衝突のみから気体分子運動を考えた.
その場合,「圧力センサーの壁」と気体分子の衝突が, 1で考えた分子と容器
この平均自由行程は,粒子の数密度と分子の幾何学的大きさのみに依存し,速
面Δ の外向き法線 微小立体角 Ω 中心軸の方向 Δ θ 分子噴出口 の中心 微小
な円筒 図 -.微小立体角 Ω内をの ? ? Ωは速さ の分子一個を
体積要素 3 中に見出す確率であるから,に基づき,, ,

4πr^3 から、V = 4πr^3/3を引き出すためです。親切があだになっていますね。4πr^3 = 3Vが理解できれば十分でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です