日本人大和民族の先祖韓国人かの画像をすべて見る 日本人大

日本人大和民族の先祖韓国人かの画像をすべて見る 日本人大。遺伝学上、日本人大和民族に一番近い民族は「チベット諸民族」となりますつまり韓国人などではありません。日本人(大和民族)の先祖韓国人か http://tadatakitada blog fc2 com/blog entry 5 html sp日本人。同じアジア人でも中国と韓国と北朝鮮が日本人と違うのは全てここにある。
日本人はツングース系と思いますか 日本の天皇にローマ法王や米大統領が膝を
つくのこれは。日本人大和民族とユダヤ人古代イスラエル人は共通の
先祖日本人大和民族の先祖韓国人かの画像をすべて見る。日本。日ユ同祖論日猶同祖論。にちゆどうそろんは。日本人大和民族とユダヤ
人古代イスラエル人のうちのユダ族。ベニヤミン族。レビ族は共通の先祖
って危機意識がすごいと思いました まる, スウェーデン在住韓国人か韓国系だろ

遺伝学上、日本人大和民族に一番近い民族は「チベット諸民族」となりますつまり韓国人などではありません。日本人大和民族は、縄文人と渡来系弥生人との混血ですが、同じく縄文系縄文人と祖を同じくすると中国系渡来系弥生人と祖を同じくするとの混血である「チベット諸民族複数ある」が、遺伝学上、一番近い人類集団となる。↑Y染色体のDNA塩基配列の国際的分類法YCC2002によるAからRまでの18種の大分類のうち、Alu配列と呼ばれる約300個の特定の塩基配列YAP+因子を持つのはハプログループDとハプログループEのみであり、DグループとEグループはおよそ6万年前に分化した兄弟グループである。そのうち、ハプログループDが相当な頻度で存在するのは日本とチベットおよびアンダマン諸島のみである日本では32%前後、沖縄では55%前後、アイヌでは88%前後、チベットでは約30~50%、アンダマン諸島南部では100%。つまり、Y染色体にAlu配列YAP+因子を持つ者が相当頻度で存在する地域は、アジアではアンダマン諸島ジャラワ族、オンゲ族ハプログループD1b2Y34637と日本列島大和民族、アイヌ民族、琉球民族ハプログループD1b1M64.1、チベット民族 ハプログループD1a1M15のみであり、日本人のY染色体の30~40%については、DNA塩基配列が近縁関係にあるものは周辺国などにはなく、チベット、アンダマン諸島のY染色体と近縁関係にある。↓Y染色体ハプログループ「D」の分布↓遺伝距離MDS散布図では、日本列島集団の中東京と東北の中間あたりに、チベット民族TIBが入ってくる。日本人の先祖が韓国人というわけではありません。日本人ヤマト人と韓国人の共通の祖先が現在から比較的近い時代にいたということです。誤りですね。「ミトコンドリアDNAmtDNA」は、古代人でも容易に調べることが可能であり、現在までに、日本人、中国人、韓国人、渡来系弥生人古代人について、調べ尽くされています。↓DNAで探る私たちの起源分子人類学篠田謙一↑現代日本人と縄文人、弥生人のミトコンドリアDNAのグループ頻度を比較したものです。DやGといったグループが縄文人にはあまり無いのに、渡来系の弥生人には多いことが分かります。私たち本土の日本人は、弥生人に近いですが、両者のあいだの値を取っています。このことから、私たちは縄文時代に日本列島に住んでいた人たちと、弥生時代になって大陸から渡来した人たちが混血して成立したということが予想されます。実は縄文人と弥生人はずいぶん姿形が違うので、人骨の研究者も日本人の形成に関しては以前から同じ事を考えていました。遺伝子の分析でもそのことが証明されたのです。↓財経新聞↑現代日本人のDNAには縄文人と渡来人のDNAがおおむね2:8の割合で残っているという。その縄文人のDNAがM7aとN9bである。M7aは日本人にしか見られないグループで、韓国の一部で確認されているものの、縄文時代に日本から移住したと考えられている。M7aは南方に起源があるとされている。N9bもまた、朝鮮半島沿岸部で一部見られるものの、基本的には日本人にしか見られないグループである。N9bはシベリア付近に起源があると考えられている。これは大陸からやってきた渡来人が日本に住み着いていた縄文人を淘汰することなく、混じり合いながら勢力を拡大させていったことを表しているという。そして、現代の日本人の基礎なると弥生人が誕生した。「渡来系弥生人」と「現代の韓国朝鮮人」とは、「ミトコンドリアDNAmtDNA」の構成が、まったく異なります。つまり、「渡来系弥生人」≠「韓国朝鮮人」となります。「渡来系弥生人」は、今から約3000年前の「古代人」なのです。↓根拠縄文人の多様性と特殊性-篠田謙一氏講演「日本人の起源」レポート↓「渡来系弥生人」と「現代の韓国朝鮮人」とは、「ミトコンドリアDNAmtDNA」の構成がまったく異なる。「日本人大和民族」は、すべて「縄文人」と「渡来系弥生人」との混血民族ですが、渡来系弥生人は、朝鮮半島から来たのではないようです。———————–?中国南部及び朝鮮半島には存在しない古いタイプのハツカネズミを引き連れて「縄文人」は日本に渡来した。?南アジア亜種系統中国のハツカネズミを引き連れて「渡来系弥生人」は日本に渡来した。?歴史時代2000年前に、やっと北ユーラシア亜種系統朝鮮半島のハツカネズミが渡来した。———————–日本列島人が、初めて、朝鮮半島にちょっかいをかけたのは、百済などが国として成立したころ、今から約2000年前です。それまでは、日本列島人は、朝鮮半島に行かなかったし、朝鮮半島から人もこなかった。弥生時代の開始は、今から3000年前BC10世紀に変更されており、今から3000年前BC10世紀に、九州北部で本格的にはじまった水田稲作が「九州北部—-関東」を結ぶ線上を、約800年かかって、ゆっくりと拡大東漸していったことが判明しています。↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。↓弥生時代の開始年代総合研究大学院大学、文化科学研究科↓社会科教科書「帝国書院」よりQ2:縄文時代と弥生時代の区分はいつ頃ですか?A:私どもの教科書では弥生時代を、紀元前3世紀ごろから紀元3世紀ごろまでの600年間としています。その一方で、この記述に注釈をつけて、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀とする新しい研究成果も紹介しています。これまで通説となっていた、「弥生時代のはじまり=紀元前300年」は、1960年代に、土器の編年や遺跡から出土した中国の青銅器をもとに割りだされた年代 に、弥生前期のコメや貝を炭素14年代法遺物のなかの炭素14の量から年代を推定する方法で測定したデータ結果を加味して出された説でした。2002年、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀ごろであると発表したのは、国立歴史民俗博物館以下、歴博です。歴博は最新のAMS-炭素14年代法などによって測定した結果、九州北部の弥生時代遺跡から出土した、土器に付着する炭化物コメのおこげや木杭は、紀元前約900~800年のものであり、前10世紀後半に九州北部で本格的にはじまった水田稲作が、約800年かかって日本列島を東漸したとの説を展開しました。水田稲作が九州北部から各地に広がるのに要した年月は、例えば瀬戸内海西部地域までで約200年、摂津?河内まで300年、奈良盆地まで400年、中部地方には500年、南関東へは600~700年、東北北部には500年であると推定されますが、水田稲作が、非常にゆっくりと各地に広がっていったことが、ここからわかります。こうしてみますと、従来のように?弥生時代の始まり=紀元前300年?などと、ある一点で区分すること自体、無理があることと考えられます。今後さらに研究が進み、弥生時代のはじまりの年代も修正が迫られると思われますが、私どもでは、教科書本文では通説に従った紀元前300年と記述し、注釈で紀元前10世紀という説を示しました。これは現時点ではさまざまな議論があり、また地域によって差があることをふまえた記述であることを、ご理解いただきたいと考えております。—————————————–↑ここまではいいですか?↓さて、最新情報です。—-3000年前————2000年前——————現在——-+———————+—————————-中国南部のハツカネズミ—–朝鮮半島ハツカネズミ—.▲.▲.渡来系弥生人.歴史時代..の渡来3000年前.朝鮮半島との接触.は周知の事実↓北海道大学プレスリリース最新報道発表↑日本産の野生ハツカネズミが,先史時代の農業の歴史的展開とともに中国南部からは約4000年前、朝鮮半島からは約2000年前に、それぞれ渡来したことが判明。↑上記2系統以外に,さらに古い時代おそらく縄文人に移入した系統が存在する可能性も指摘。↑図2の説明、遺伝的解析に基づき想定された主要2亜種系統の日本列島への移入。過去の研究成果もふまえ、日本列島への野生ハツカネズミは以下のような流れで移入?展開したと考えられる。1南アジア亜種系統はインドに起源地を持ち、約8000年前に放散。その後、2中国南部に移入した系統が珠江流域において4000年前に放散し、日本列島及び南サハリンまで波及した。3北ユーラシア亜種系統は朝鮮半島にとどまっていた系統がおよそ2000年前に放散現象を起こし、日本列島に九州経由で移入した。移入後しばらく時間が経過した後例えば1000年前、北ユーラシア亜種系統は東北及び北海道に南アジア系統と交雑しながら北方移動した。 ——————————————–わかったこと中国、朝鮮を含めて、歴史時代に突入したのは、今から約2000年です。つまり、今から約2000年前より後は、日本列島と朝鮮半島と接触とか「いざこざ」があったのは、周知の事実です。しかし、渡来系弥生人が日本列島へ渡来したのは、今から約3000年前です。しかし、今から約2000年前より前は、日本列島と朝鮮半島とは、接触が、全く無かった模様です。つまり、今から約2000年前より前には、朝鮮半島由来の野生ハツカネズミは日本列島には存在しない、これは「渡来系弥生人」が、朝鮮半島から来たのではないばかりか、朝鮮半島を「経由」すらしなかったということになります。また、もう有名な話ですが、2200年前の弥生米大阪の池上曽根遺跡や奈良の唐古?鍵遺跡のDNAを分析した結果、朝鮮半島には存在しない中国固有種が含まれていることが判明している。↓中国から日本へ稲作が直接伝来した裏付けとなる「RM1-b 遺伝子の分布と伝播」、日本の各所に点在するRM1-b遺伝子。中国では90品種を調べた結果、61品種に、RM1-b遺伝子を持つ稲が見付かったが、朝鮮半島では、55品種調べてもRM1-b遺伝子を持つ稲は見付からなかった。なお現在の日本に存在する稲の遺伝子は、RM1-a、RM1-b、RM1-cの3種類↓こちらをご覧ください。↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!」「日本人」とは、日本列島内で、ブレンドされて形成された民族、人類集団なのです。「日本列島集団」は、比率の異なる3種のブレンド種がいます。「縄文人ゲノムの比率」で表すとおおよそ、—————————–?大和民族=10%~15%?沖縄人=18%~22%?アイヌ人=40%~60%←オホーツク沿岸民族の血が混じっている—————————–となります。大和民族については、北海道から九州まで、おおよそ「10%~15%」の中に納まります。つまり、大和民族であれば、「縄文人ゲノム」が、10%以下の人も、15%以上の人も、何処にも存在しないのです。日本列島の、どんな山の中の、どんな過疎地であっても、結果は同じです。「縄文系」が強いと言われている東北地方の山の中の過疎地であっても、「沖縄人20%程度」を超える人は見つかってはいません。「日本人ヤマト人」は、①.6万年ほど前に、アフリカを出て、中東、中央アジア一部はアンダマン諸島へ、東アジア一部はチベットへ、そして日本列島へ渡来した一派縄文人、アイヌ、沖縄人に、本土日本人よりは濃くその特徴が残っている。②.今から約3000年ほど前に、中国大陸から日本列島へ渡来した一派渡来系弥生人、基本的には、中国人の祖先と同じ流れをくむ人類集団である←漢族という意味ではない。———————–「日本人大和民族」は、上記の「①②」である、「縄文人」と「渡来系弥生人」との混血民族です。根拠1↓読売新聞↑現代日本人東京周辺は、遺伝情報の約12%を縄文人から受け継いでいることも明らかになった国立遺伝学研究所の斎藤成也教授。↑アイヌは縄文人のDNAの50%以上を受け継いでいるのではないかと思う。沖縄の人たちは、それより低い20%前後ではないでしょうか国立遺伝学研究所の斎藤成也教授。根拠2↓日本人3,554人分の全ゲノムリファレンスパネルを作成東北大学↑日本列島内の地域集団の微細な違いは確認されるものの、他のアジア集団のゲノム情報とは、大きく、かつ明確に異なる日本列島出身者としてのまとまりが検出されました。——————————————ここで、あなたの祖先を10世代1世代30年追ってみましょう。2の○乗=1あなた自身、2両親、4祖父母、8、16、32、64、128、256、51210世代目となります。また、512人のうち、256人が女性、256人が男性です。あなたの遺伝子は、男女512人から、公平に512分の1づつ継承します。正確には染色体は46本なので、確率的要素も入ってきますが、対となる染色体どうしで遺伝子の組み換えも行われており、基本的には512分の1で問題はないと考えます。つまり、あなたが「大和民族」であれば、僅か10世代300年間で、完全にシェイクされ、一様な比率にブレンドされてしまっているのです。——————————————「縄文人」は、今はもういない「古代人」です。もし、「アイヌ人」を超えるような、純粋に近い「縄文人」がいたなら、世紀の発見となります。そして、純粋に近い「渡来系弥生人」も「古代人」であって、今はもう日本列島にはいません。——————————————↓日本人大和民族は、「縄文人」と「北京周辺に居住する中国人の祖先に近い系統渡来系弥生人←漢族という意味ではない」との混血民族。日本人大和民族と、韓国朝鮮人とは、遺伝的な繋がりはありません。Nature:「ネイチャー」は、、イギリスで天文学者ノーマン?ロッキャーによって創刊された総合学術雑誌。世界で最も権威のある学術雑誌の一つ。「要素分析」の結果「Nature」より、中国人、韓国人と、日本列島集団とは、明確に異なっていることがわかる。↓Abstract↓図Figure1↓核ゲノムDNAで見た場合の遺伝的な位置関係韓国という国は、第二次世界大戦後に生まれた。それ以前に韓国人は存在しない。地理的に言っても大陸、半島から渡ってきたのは自明です。太古の昔日本列島が大陸と地続きの時大陸から稲作民族が陸路日本の地に移動してきたでしょう。北からはアイヌ民族などの移動がありましたでしょう。その当時は韓国人と言う区分は無かったのでは。豊臣秀吉の韓国遠征の頃はれっきとした韓国人がいたでしょうけど。ですから先祖は韓国人という事でなく南方の稲作民族だったのでは。朝鮮半島に旧石器時代が起こる8万年前以上から日本には人類がいましたよちなみに朝鮮半島に存在した新羅?百済は日本人が建国に関わっており統治していたのは遺品等から判明していますよ西日本で主に主流の論調です一定の尊重を示した方がいいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です