外務省極めて遺憾 河野外相徴用工判決日韓の友好協力関係の

外務省極めて遺憾 河野外相徴用工判決日韓の友好協力関係の。いやいや、韓国のツートラックは、「嫌がらせはするけど、金はくれ」ですよ。よく韓国政府「ツートラック外交」いう言葉口ます

ころで、ツートラック外交やっているのむろ韓国でなく日本でないでょうか 河野外相「(徴用工判決)日韓の友好協力関係の法的基盤根本覆すので、極めて遺憾であり、断じて受け入れるこできない」いう発言の後、「国民や自治体の交流っかり続けてほい」て ツートラックの 河野外相「極めて心外」。河野太郎外相は日午後。韓国大法院が元徴用工への損害賠償を新日鉄住金に
命じたのを受け。韓国の李洙勲イ?スフン駐日大使を外務省に呼びつけた。
河野氏は「日韓の未来志向の関係に努力をしてきたが。極めて心外外務省「極めて遺憾」。ソウル中央地裁が日本政府に対し。旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性らに慰謝
料を支払うよう命じる判決を出したことについて。日本外務省の秋葉剛男事務
次官は日午前。韓国の南官杓ナムグァンピョ駐日大使を…

検索ワード:日韓関係/334件ヒットしました。ソウル市内で新年の辞を発表する韓国の文在寅大統領=2021年1月11日
聯合=共同 また。過去の経過を見ると。言うまでもなく文政権は「反日政権」
だ。今回の賠償判決の狙いは。来年3月に実施される大統領選のための支持率
回復河野外相「必要な措置講じていく」。河野太郎外相は19日。いわゆる徴用工訴訟をめぐり。日韓請求権協定に基づく
仲裁委員会の設置に韓国政府が応じ億ドル。有償2億ドルの経済協力を約束
する第1条とともに。両締約国およびその国民法人を含むのこれらの
判決は。日韓請求権協定第2条に明らかに反し。日本企業に対し一層不当な不
利益を負わせるものであるた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆す
ものであって。極めて遺憾であり。断じて受け入れることはできません。

「日本と韓国の国交の法的基盤を毀損する判決」河野外相。太平洋戦争中に「徴用工として日本で強制的に働かされた」と主張する韓国人4
人が。新日鉄住金に損害賠償をた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から
覆すものであって。極めて遺憾であり。断じて受け入れることは

いやいや、韓国のツートラックは、「嫌がらせはするけど、金はくれ」ですよ。その通りです。◎日本は政府間外交と民間レベルを区別しています。◎韓国は政府間外交と民間レベルを混同しています。徴用工補償は「日韓請求権協定」により韓国政府が補償する。慰安婦救済は「日韓慰安婦合意」により韓国政府が履行する。一見そう見えるが、そうでもないぜ。国民や自治体とは言っているが、肝心の企業や国家が、抜け落ちているぜ。個人や自治体の交流など、たかが知れている。もしこれが本当なら、これはある意味絶縁宣言かもな。いずれ、姉妹都市なども時間が経てば縮小されるだろう。大阪とサンフランシスコが、いい例さ。もしも、東京とソウルが姉妹都市解消にでもなれば、いよいよかもな。国民というのは個人?企業、などですね。中国のような統制経済をしているわけではないので、基本手的に政府が口を出すものではありませんね。自治体も政府とは違うでしょう。ツートラック外交とは、政府が2つの方針を持っているという事でしょうね。韓国のは以下のようなものですね。「都合よく解釈した歴史を使って日本を攻撃し続けるけど、それは過去の話で現在の話をしてるわけじゃないよ、現在には関係ないから仲良くしてね」何がツートラックなのか意味が良く判りませんけどw外交国家間の国際関係における交渉のこととは国同士のもの、民間の交流は外交ではないよ。日本がツートラックかスリーか知りませんが、日本はニセ徴用工判決は、1965年の国交回復からの2国関係をちゃぶ台返しする蛮行で今のままでは国交が保てない、だから国際裁判にも提訴もすると言っているのです。それを韓国は、知っていて無視する無法を行っているのか、本当に理解できていないバカなのか?理解に苦しむ対応をしているのです。実際、日本の国が民間の交流まで制限できませんから。個々の民間団体が契約または約束していたことを、当事者団体で無いものが、突然約束を反古にすることは、今、韓国のやってることと同じになってしまいます。早い話が、今、韓国に個人の責任で観光に行ってる日本人がいて、突然全ての関係を断絶することになったら、人質として拉致されていいのか?ということです。日本のは、ツートラックとはいいません。なぜなら国と民間を分けているのです。国の考えは、一つです。ところが、韓国のは、韓国という国が、2つの方針を同時進行してるから矛盾してるのです。ツートラックだろうが、スリートラックだろうが、別に構わないよ。問題は[相手が受け入れるか]河野大臣が[民間や自治体の交流は続けてほしい]と言って、韓国側が[嫌だ]って言うなら言えば良いだけ。外交なんて[一方的]では出来ないからね。日本側が、韓国側の[反日するけど経済は別]と言うツートラックを受け入れないのは[日本の自由]だから、韓国側も[日本政府は韓国ガン無視だけど、民間や自治体は交流すりゃ良いじゃん]を、韓国が気に入らないなら[受けなきゃ良いだけ]だよ。要は[自分の都合を相手が受け入れるか]って話だからね。外交とはそういう物。「2トラック外交」が 2 であるのは、自分で選択肢があるのに積極的に真反対の2つの道を同時に選ぶという意味ですね。つまり、日本を激しく罵って賠償要求する事と、日本と仲良く貿易を続ける事。河野外相や日本政府が採ってる姿勢は、あくまでも協調路線ですよ。日本が積極的に「日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆す」事を望んで選んだ訳じゃない。感覚的には1.1トラックぐらいですね。「国民や自治体の交流はしっかり続けてほしい」とは、政府は相手にしないよってことでしょう。

  • 楽天市場つらら マツコの知らない世界で話題になった?オホ
  • TOKYO 美人に毒婦はいませんか
  • 学歴不問はウソ 知恵袋のランキング入りはどういう基準で決
  • [就活も完璧 大学はサークルに入らないと友達はできません
  • 指定校?提携校推薦 指定校推薦の校内選考の結果はどうやっ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です