スパルタクス団 なぜ第一次世界大戦後のドイツでロシア社会

スパルタクス団 なぜ第一次世界大戦後のドイツでロシア社会。ロシア革命が成功したのは、社会主義が認められたからではありません。なぜ第一次世界大戦後のドイツで、ロシア社会主義革命成功ているのスパルタクス団(のちのドイツ共産党)の共産主義広らなかったのか スパルタクス団。第一次世界大戦末期にドイツ革命に際し。ドイツ共産党に改称し。社会主義革命
を目指したが失敗した。内の左派のローザ=ルクセンブルク。カール=
リープクネヒトらは戦争協力を拒否し。1916年1月スパルタクス団を結成
した。されると。前年の第2次ロシア革命のソヴィエトとおなじように労兵
評議会レーテへの権力の集中を主張し。ドイツ革命を保守化した社会
民主党は。軍の一部や右派の義勇兵を組織して革命運動の鎮圧に努め。激しい
弾圧を行い。ローザ=第1次大戦とロシア革命。第1次世界大戦の時期には正式には「オーストリア=ハンガリー帝国」。
いわゆる「ハプスブルク帝国」のこと。アスキス内閣は当初。大陸の戦争には
加わらないつもりであったが。ドイツがベルギーに侵攻するに及んで。参戦止む
なしに傾いた。犠牲者。戦死者802万人。負傷者2122万人。民間人死者
664万人とされている。政府と社会主義勢力の激しい対立は1919年1月
。プロレタリア革命を目指したスパルタクス団ロシア共産党の蜂起が社会
民主党政府

カール?リープクネヒトとローザ?ルクセンブルク。ファシズムは。カールとローザという2人のかけがえのない革命指導者を殺して
ドイツ革命を流産に追いやった社会また。権威ある2人の指導者が殺された
ことは。世界の共産主義運動において。ロシアの革命家の絶対的なヘゲモニーの
確立をも決定的なものにした。リープクネヒトただ1人が。抑圧された大衆を
代弁しているということが感じられたのである。戦争の第1日目から。いや
その第1時間目からローザ?ルクセンブルクは。排外主義。愛国主義的らんちき
騒ぎ。高校世界史B「第一次世界大戦後のドイツ国内の混乱。スパルタクス団は終戦後に ドイツ共産党 と改称すると。年には社会主義
革命を目指して武装蜂起を行いました。しかし。この動きは軍部によって鎮圧
され。2人の指導者も殺害されてしまいました。 「ドイツ革命」

ホロコーストの歴史的考察。反ユダヤ主義はナチスドイツだけの邪悪な思想だったか ホロコーストの
とされてい る。またシナ事変と大東亜戦争は日本軍国主義によって引き起こされ
た侵略戦争であり。日本の殺。など人間による人間殺りくの例はほとんど
絶え間なく発生してきたことを歴史は示しているしかし。第一次世界大戦に
敗れたドイツが共和国時代を経た後。ナチス党が月日 ドイツ
共産党スパルタクス団成立。 月 日的な邦では成功
した。ドイツ

ロシア革命が成功したのは、社会主義が認められたからではありません。 戦況悪化と、戦時体制による社会不安、先進国ですら動揺を与える要因に対して、ロシアはなお一層そうした対応力に欠いた、しかも、強圧的対応の傾いた旧い帝政だったことが、社会暴動が革命へと進展したのです。 社会主義素晴らしい→帝政は悪い→革命だ ではなくて、生活が苦しいなどの不満だ→やってられるか、暴動→革命で、それを収集したのが、ロシアでは勢力があった社会主義勢力でした。ところが、2月革命で政権をとった社会主義勢力は、連合国からの支援への期待もあって戦争継続をします。 ただでさえ厭戦感が広まっていたところで攻勢失敗したことで、民心を失った社会主義勢力は動揺して、これに乗じたレーニン率いるポリシェヴィキが10月革命を起こして成功します。 これは共産主義が認められたからではなく、革命家としてのレーニンの資質にもたらされたに過ぎません。 しかも、その後も民意からは見放されたのに、権力を維持できたのは弾圧をして血みどろな政争に勝ち抜けたからです。 ドイツのスパルタクス団は元々主流から分派した、言ってみれば爪はじきものでした。 そして、この時点ではドイツ人にとって懸案であった戦争は終結していて、一応にしろ社会主義政党を首班にした政府が誕生していました。戦争方針を批判できたレーニンの利点がありません。 しかも、革命を主張するスパルタクス団はむしろ、「現政権を否定して、新たな闘争をしろ」の側です。戦いに疲れたドイツ人たちが、国内で新たな戦いをしろという党派に冷淡なのは当然でした。CIAの妨害です。アメリカ人の口から出る言葉は全部嘘だと思った方がいい。ちょっと認識が違っていると思いますよ。大戦後には、ドイツは高額な賠償金で国家財政が破壊され、ハイパーインフレになってましたよね?このとき、ナチスも共産党も勢力を拡大しましたが、問題は選挙でした。もともと、インフレで国民は現政府に不満を持っていたので、ナチスを選ぶか、共産党を選ぶかの2択しか無かったんです。当時は「悪魔か魔王、どちらかを選ぶという究極の選択」と言われていました。問題は、ナチスにはアドルフ?ヒトラーという、具体的な政策を持った党首がいたことで、これが演説が非常に巧みであったので、共産党は政党として議席を確保出来ませんでした。しかし、ナチスも最初は議会の中では弱小政党だったんです。この後、ヒトラーは議員を根回しして、他政党を取り込み、ソビエトを仮想敵国として、政権与党を形成するグループを作りました。ここから、それまでは労働党党首だったのが、後に他政党も支持し、首相のような座に選ばれます。ここまでは議会がキチンと手続きが行われています。その後、インフラ整備と重工業のために、いわば勝手にお札を刷って、公共投資を始めました。これが失業率を改善し、ドイツの財政が形の上では復興したようにみえたわけです。一種のバブル景気ですね。この政策の成功が功を奏し、ヒトラーは突然それまでのワイマール憲法を破棄し、全権委任法によって、議会全てを掌握しました。このとき、共産主義者とユダヤ教徒弾圧を「国家転覆を計る革命分子」と決めつけ、一斉に逮捕、勾留を始めています。つまりドイツ国民は、真意はナチスを選んだというよりも、現政府への不満で、議会に別の政党が必要という考えしか無かったんですが、高い雇用率と好景気という2つの成果に、ヒトラーへの支持が非常に強くなったんですね。つまり、それだけ当時のドイツ国民は冷静さを欠いていたわけです。ヒトラーの目標は、そのため国民には一切知らませんでしたので、「国家転覆を計る革命分子」というこじつけにも、異論を唱える人は投獄されましたので、そのためヒトラーが全権委任法成立後に、多くの政治家が国外へ亡命しています。国民の不満を思想で労働者中心の社会を作ろうと革命を起こしたレーニンに比べ、ヒトラーは正当な選挙と手続きを経た上で、政権を掌握し、議会を完全に牛耳ったわけで、両者の違いは、革命か政治的手法を使ったか?の違いです。革命は、思想弾圧で労働者が決起し、議会を破壊するものですが、ヒトラーは議会を利用したという違いですね。当時のドイツには、労働者が革命をするような体力が無かったのかもしれません。ドイツではまだ保守や中道勢力が力を維持していたことと、一番大きな問題は「平和」です。ロシア?月革命でボリシェビキが第一に訴えたのが即時平和でした。それで大戦い疲弊していた大衆の支持を得たのです。しかし、スパルタクス団の反乱起きたのはドイツ敗戦で平和になってからでした。そのため民衆に訴えるにも片肺飛行になっていたのです。

  • 2021年 この魚なんて言う魚か
  • Honda 089CVに取り付けたいのですが方法はありま
  • Claps 私はコスプレイヤーなのですがツイステのオクタ
  • カウントの力学 皆さんは初球ファーストストライクから振る
  • よくあるご質問 ディスカウントドラッグのコスモス薬品です
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です